霙 みぞれ

有家
人目こそ離れも果てなめ山里に日影も見えず霙降る頃

淋しさの底ぬけてふるみぞれかな 丈草

古池に草履沈みてみぞれ哉 蕪村

みぞれてもしらじらつもる穂垣哉 白雄

ゆで汁のけぶる垣根也みぞれふる 一茶

酒菰の戸口明りやみぞれふる 一茶

けしからぬ月夜となりしみぞれ哉 一茶

飯の湯のうれしくなるやちるみぞれ 一茶

灯の洩る壁やみぞれの降処 一茶

棕櫚の葉のばさりばさりとみぞれけり 子規

牛の背に小坊主細きみぞれ哉 碧梧桐

宝塔に檜の風のみぞれかな 碧梧桐

石蕗の葉に雪片を見る霙かな 虚子

湯屋出づるとき傘のみぞれかな 蛇笏

草の葉の凍てぬがそよぐ霙かな 万太郎

白秋
いちはやく冬のマントをひきまはし銀座いそげばふる霙かな

樫の木に雀這入る霙かな 鬼城

赤彦
おのれ盛りて飯を食べをり窓の曇りいよよ曇りてみぞるる音す

赤彦
うどん売る声たちまちに遠くなりて我が家の路地に霙ふる音

赤彦
一人して二階を戸ざすたそがれの霙の雨は雪となりをり

みぞるるや西空焼けに白米をよしと見る 青畝

霙るゝや籬の下へ下駄の跡 泊雲

したゝかに霙つもりし花壇かな 石鼎

くれがての霙に小さき光りかな 石鼎

霙るゝやなべて下向く葉の面に 石鼎

短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 冬の山 枯野 みそさざい 都鳥 千鳥 冬の海 河豚 海鼠 冬ごもり 埋火 焚火 炬燵 風邪 日向ぼつこ 北風 霜夜 冬の雨 冬の月 冬至 柚湯 クリスマス 師走 年の市 煤払い 年忘れ 餅つき 歳の暮 行く年 大晦日 除夜 除夜の鐘
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図