與謝蕪村

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

麦蒔や百まで生る皃ばかり

古池に草履沈みてみぞれ

埋火や物そこなはぬ比丘比丘尼

大雪と成けり関の戸ざしごろ

鍋敷に山家集有り冬ごもり

桃源の路次の細さよ冬ごもり

雪沓をはかんとすれば鼠ゆく

念ごろな飛脚過ぎゆく深雪かな

や国師の沓もにしき革

埋火や春に減りゆく夜やいくつ

鶯の逢ふて帰るや冬の梅

畠にもならでかなしき枯野

冬ごもり妻にも子にもかくれん坊

寒梅や梅の花とは見つれども

みのむしの得たりかしこし初時雨

音なせそ叩くは僧よ鰒じる

河豚の面世上の人をにらむ哉

みのむしのぶらと世にふる時雨かな

化けさうな傘かす寺の時雨かな

しぐるゝや鼠のわたる琴の上

古傘の婆娑と月夜の時雨

雪折や雪を湯に焚釜の下

雪の暮鴫はもどつて居るような

雪舟の不二雪信が佐野いづれか寒き

路次の闇親子除け合ふ頭巾かな

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 太祇 暁台 几董 召波 白雄 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句