時雨 しぐれ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

後撰集 伊勢
涙さへ時雨にそひてふるさとは紅葉の色もこさまさりけり

千載集 源定信法名道寂
音にさへたもとをぬらすしぐれかな真木の板屋の夜はの寝覚めに

千載集 仁和寺法親王覚性
木の葉散るとばかり聞きてやみなましもらでしぐれの山めぐりせば

千載集 前摂政右大臣九条兼実
ひとり寝の涙や空にかよふらんしぐれにくもる有明の月

千載集 頼政
山めぐる雲のしたにやなりぬらん裾野の原にしぐれ過ぐなり

千載集 俊頼
木の葉のみ散るかと思ひししぐれには涙もたへぬものにぞありけれ

俊成
しぐるるもよそにや人の思ふらん憂きには袖のものにぞありける

俊成
いつしかと降りそふ今朝のしぐれかな露もまだひぬ秋の名残に

俊成
袖ぬらす小島が磯の泊かな松風さむみしぐれふるなり

俊成
あはれにも夜はにすぐなるしぐれかな汝もや旅の空にいでつる

式子内親王
幾返りことだにつけて村時雨外山の木ずゑ染めめぐるらむ

慈円
やよ時雨もの思ふ袖のなかりせば木の葉の後に何を染めまし

定家
しぐるるもおとはかはらぬいたまよりこのはは月のもるにぞありける

千載集・冬 定家
しぐれつるまやの軒端のほどなきにやがてさしいる月のかげかな

定家
はれくもるおなじながめのたのみだにしぐれにたゆるをちのさと人

定家
月はさえおとはこのはにならはせてしのびにすぐるむらしぐれかな

定家
時のまにしぐるる空のくもすぎてまたたが里に袖ぬらすらむ

定家
山めぐりなほしぐるなり秋にだに争ひかねしまきのしたばを

定家
秋すぎてなほ恨めしきあさぼらけ空行く雲もうちしぐれつつ

立冬 初冬 神無月 初時雨 炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 冬紅葉 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 鴛鴦 かいつぶり 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図