立冬

好忠
煙絶えものさびしかる家の庭人こそ見えね冬は来にけり

拾遺集 重之
葦の葉に隠れて住みし津の国のこやもあらはに冬は来にけり

千載集 藤原仲実
泉河水のみわたのふしつけに柴間のこほる冬は来にけり

新古今集 俊成
おきあかす秋のわかれの袖の露霜こそむすべ冬や来ぬらむ

定家
かずしらずしげるみ山のあをつづら冬のくるにはあらはれにけり

定家
かくしつつ今年もくれぬと思ふよりまづ歎かるる冬は来にけり

定家
かきくらす木の葉は道もなきものをいかにわけてか冬のきつらむ

良経
はるかなる嶺の雲間のこずゑまでさびしきいろの冬は来にけり

実朝
秋はいぬ風に木の葉は散はてて山さびしかる冬は来にけり

実朝
木の葉散秋も暮にし片岡のさびしき森に冬は来にけり

北枝
冬たつや此御神のことはじめ

子規
菊の香や月夜ながらに冬に入る

碧梧桐
出羽人も知らぬ山見ゆ今朝の冬

虚子
賣卜先生辻に風邪ひいて冬来る

鬼城
蜂の巣のこはれて落ちぬ今朝の冬

蛇笏
道芝を吹いて駄馬ゆく今朝の冬

泊雲
青竹をつみし列車や今朝の冬

石鼎
山襞の辺よりし樹林冬に入る

赤彦
湖つ風あたる障子のすきま貼り籠りてあらむ冬は来にけり

石鼎
舟垢に映りし空や今朝の冬

蛇笏
雲ふかく瀞の家居や今朝の冬

石鼎
かはり来し雀の声や今朝の冬

石鼎
のぼる日をまともの街や今朝の冬

月二郎
古妻の怠る鉄漿や冬に入る

立冬 初冬 神無月  神の旅 初時雨 炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 かいつぶり 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内