和歌と俳句

立冬 冬立つ 冬に入る 冬来る

冬に入る手のあれしるき机上 犀星

冬に入る椿の葉つやまぶしかも 犀星

悌二郎
上つ毛や桑を括りて冬に入る

きほひ浮く鴛鴦に見えたり今朝の冬 石鼎

亞浪
立冬やとも枯れしたる藪からし

風生
今朝冬の日当りそめし手水鉢

おのおのの袖うら紅絹や今朝の冬 石鼎

麦南
今朝冬や柑園にとぶ海の鳥

繊月に星ふりかはり冬に入る 石鼎

かな女
立冬の火焚けば映る民家かな

鷹女
冬来るとあたりけだものくさきかな

たかし
鎌倉の紅葉も菊も冬に入り

立冬や咲いてまもなき石蕗の花 石鼎

たかし
冬に入る温泉町温泉町や上州路

素逝
空しろくくもりていくさ冬は来ぬ

立冬の鴉吹かれてわたげ立つ 石鼎

鷹女
冬来る高階の扉の押せば開き

青邨
立冬や手紙を書けば手紙来る

鷹女
天翔る我をゆめみつつ冬に入る

鷹女
冬来るトワレに水の白く湧き

日常のなげきに狎れつ冬に入る 蛇笏

鷹女
冬来たる眼みひらきて思ふこと

鷹女
冬来たるあはれ真青き西しがし

墨を磨る心しづかに冬に入る 信子