和歌と俳句

原 石鼎

11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

積雪に茶の花乾く日和かな

藪垣をうす煙這へる焚火かな

黄なる脚赤なる脚や吊し鴨

松のをけぶらせ沈む雀かな

うす霜やほのぼのとして微雨の中

月の枝光るところを霜としぬ

霜柱土を越してゐたりけり

したゝかにつもりし花壇かな

くれがての霙に小さき光りかな

虫壺の緋房や褪せて夜半の冬

大杉に添ひ降る見上げゝり

庵松や風添うて降る牡丹雪

あかあかとして大雪の夜の木々

しろじろと雪ふりそめし落葉かな

柴折戸を舞ひ越ゆの見ゆるかな

垣越に見えて過ぐるよ雪の傘

はれてゆくふゞきに日さす深雪かな

群星や海より高き雪の原

岸ほどに枯蓮しげきかな

烈風に松もまれゐるかな

煮凝や玲瓏として鉢の中

煮凝や箸の間に沈みけり

夜に入りてなほ啼く声や寒鴉

水仙や雪をへだてゝ松の幹

高原や水仙咲ける石の中