風邪

風邪ひかぬまじなひの句を返しかな 碧梧桐

風邪ひき添へし硝子戸の星空 碧梧桐

おしおして遂にふせりぬ風邪の妻 虚子

風邪の子の枕辺にゐてものがたり 草城

風邪の子や眉にのび来しひたひ髪 久女

瞳うるみて朱唇つややか風邪に臥す 久女

熊の子の如く着せたる風邪かな 久女

あけくれに富貴を夢む風邪哉 普羅

よき衣をたたむや袖の風邪薬 普羅

風邪の子のほつれ毛かぶり負はれけり 爽雨

つれづれに衿かけ代へし風邪ごもり 立子

二三枚風邪の欠勤届かな 草城

わがままのかぎりをつくし風邪の妹 草城

母見んと夢たのしみぬ風邪の昼 かな女

坂をゆき風邪かすかなり昼ふかし 波郷

風邪ごころ坂は電車もしづかなる 波郷

めつぶれる瞼や風邪のタイピスト 誓子

樺色の頬紅風邪のタイピスト 誓子

香料のえならぬ風邪のタイピスト 誓子

とつぐとき過ぎつつ風邪のタイピスト 誓子

ゑがかざる眉のはかなき風邪かな 草城

妻が手のつめたかりけり風邪顔 月二郎

風邪の子に日々の外出の土産もの 立子

檸檬切りにほひはしれば風邪去りぬ 悌二郎

風邪床にぬくもりにける指輪かな 汀女

影法師髪みだれたる風邪気かな 汀女

おもふこと遠くもなりぬ風邪に寝て 亞浪

風邪の妻きげんつくりてあはれなり 風生

夜半の燈の我に親しき風邪かな みどり女

玄関に厨にさとき風邪の耳 みどり女

枕辺に財布よせたる風邪かな 月二郎

風邪の夢髣髴として冥土あり 月二郎

熊の子の如く着せたる風邪かな 久女

風邪人に渺々と澄む日空かな 麦南

短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 冬の山 枯野 みそさざい 都鳥 千鳥 冬の海 河豚 海鼠 冬ごもり 埋火 囲炉裏 焚火 炬燵 暖炉 火鉢 火桶 湯たんぽ 風邪 日向ぼつこ 北風 霜夜 冬の雨 冬の月 冬至 柚湯 クリスマス 師走 年の市 煤払い 年忘れ 餅つき  歳の暮 行く年 大晦日 除夜 除夜の鐘
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内