千鳥 ちどり 鵆

人麻呂
淡海の海夕波千鳥汝が鳴けば情もしのに古思ほゆ

赤人
ぬばたまの夜のふけ行けば久木生ふる清き河原に千鳥しば鳴く

大伴坂上郎女
千鳥鳴く佐保の河瀬のさざれ波やむときもなしわが恋ふらくは

古歌集
佐保川に鳴くなる千鳥何しかも川原を偲ひいや川上る

友則
夕されば佐保の河原の河霧に友まどはせる千鳥鳴くなり

貫之
思ひかね妹がり行けば冬の夜の川風寒み千鳥鳴くなり

後拾遺集 藤原孝善
霧はれぬあやの河べになく千鳥こゑにや友の行くかたをしる

後拾遺集 堀河右大臣頼宗
佐保河のきりのあなたになく千鳥こゑはへだてぬものにぞありける

後拾遺集 相模
なにはがたあさみつしほにたつ千鳥浦づたひする声きこゆなり

千載集 加茂成保
霜枯れの難波の蘆のほのぼのとあるく湊に千鳥鳴くなり

千載集・羇旅 家隆
旅寝する須磨の浦路のさ夜千鳥声こそ袖の波はかけけれ

俊成
須磨の関有明の空に鳴く千鳥かたぶく月はなれもかなしや

式子内親王
待たれつる隙しらむらむほのぼのと佐保の河原に千鳥鳴くなり

定家
友千鳥なぐさのはまのなみ風にそらさえまさるありあけの月

定家
むしあけの松吹くかぜや寒からむ冬の夜深くちどり鳴くなり

定家
浦風やとはに波こす濱松のねにあらはれて鳴く千鳥かな

定家
淡路島ちどりとわたる聲ごとにいふかひもなくものぞ悲しき

定家
長き夜を思ひあかしのうら風になくねをそふる友千鳥かな

定家
友したふ千鳥鳴くなりひれふりし松浦のやまのあとのしほ風

定家
我が君にあふくま川の小夜千鳥かきとどめつるあとぞ嬉しき

定家
千鳥なくかもの河瀬の夜半の月ひとつにみがく山あゐのそで

実朝
衣でに浦の松風さえわびて吹上の月に千鳥なくなり

実朝
ふりつもる雪ふむ磯の濱千鳥なみにしほれて夜半になくなり

定家
はまびさしなげの形見か友千鳥とわたりすぐる沖の小島に

定家
おのれ鳴け急ぐ関路の小夜ちどり鳥のそらねもこゑ立てぬまに

定家
濱千鳥とまらば雪の跡もうし鳴きてもいはむかたはなぎさに

定家
あはぢしま往来の舟のともがほに通ひなれたる浦ちどりかな

短日 冬の日 顔見世 冬の空 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯尾花 冬の山 枯野 みそさざい 都鳥 千鳥 冬の海 河豚 海鼠 冬ごもり 埋火 焚火 炬燵 風邪 日向ぼつこ 北風 冬の雨 冬の月 冬至 柚湯 クリスマス 師走 年の市 煤払い 年忘れ   歳の暮 行く年 大晦日 除夜
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集
お得区案内図