和歌と俳句

多摩川

万葉集東歌
多摩川にさらす手作りさらさらになにぞこの子のここだ愛しき

千載集・秋 源俊頼
松風の音だに秋はさびしきに衣うつなり玉川の里

子規
あやにくに枝のみだれて玉河の浪をりかへる岸の山吹


多摩川の紅葉を見つゝ行きしかば市の瀬村は散りて久しも

晶子
五月晴の海のやうなる多摩川や酒屋の旗や黍のかぜ

牧水
多摩川の浅き流れに石なげてあそべば濡るるわがたもとかな

牧水
多摩川の砂にたんぽぽ咲くころはわれにもおもふ人のあれかし

牧水
多摩川のながれのかみにそへる路麦藁帽のおもき曇り日

牧水
うすがすむみなかみの山多摩川の浅瀬に鮎子まだのぼり来ず

碧梧桐
蚕室の多摩川見えて霞かな

牧水
多摩の川真冬ほそぼそ痩せながれ音を立つるか冬の夜ふけに

牧水
多摩川の冬の川原のさざれ石くぐれる水か枕には来る

晶子
殿が谷姥が谷みな新樹もて埋れたれども見ゆる多摩川

土屋文明
久しき約束を子等と来りたり玉川は春すぎて草立つ

多摩川や堤焼きゐるわたし守 秋櫻子

多摩川へ道尽きぬべし誘蛾灯 秋櫻子

冬ざれや吾が現れし多摩河原 たかし

鮎さしの鳴く音も雨の多摩河原 風生

千鳥ちりぢり高し多摩川原 素十

玉川の砂利に閊へて屋形船 茅舎


千載集・秋 俊頼
あすも来ん野路の玉川萩こえて色なる波に月やどりけり

千載集・冬 崇徳院御製
つららゐてみがけるかげの見ゆるかなまことにいまや玉川の水

千載集・冬 皇太后宮大夫俊成
月さゆるこほりのうへにあられ降り心くだくる玉川の里

新古今集・冬 能因
夕されば汐風越してみちのくの野田の玉川ちどり鳴くなり

寂蓮
いかにかく 見るも聞くもと 卯の花に ほととぎす鳴く 玉川の里

寂蓮
卯の花の 垣根ばかりは 暮れやらで 草の戸ささぬ 玉川の里


東京 銀座 歌舞伎座 新橋演舞場 日本橋 明治座 本郷 湯島天神 六義園 団子坂 神田 丸の内 日枝神社 ニコライ堂 上野 上野動物園 寛永寺 根岸 不忍池 池の端 浅草 隅田川 向島 長命寺 武蔵野
葛飾 真間 印旛沼 九十九里 手賀沼
川崎 横浜 横須賀 三浦 城ヶ島 葉山 江ノ島 大磯 鴫立沢 鎌倉 由比ヶ浜 稲村ヶ崎 鎌倉大仏 長谷寺 鶴岡八幡宮 円覚寺 瑞泉寺 東慶寺 英勝寺 建長寺 寿福寺 円応寺 明月院 杉本寺 足柄山 箱根山