和歌と俳句

横須賀

横須賀や只帆檣の冬木立 子規

旗立てて工廠見学雲の峰 虚子

ききとむる寒鴎のこゑ浪にそひ 蛇笏

横須賀やかんかん虫の暑さかな 喜舟

吉野秀雄
日盛りに壕堀りいそぐ横須賀のちまたうろつき薬をさがす

三浦

白秋
相模のや三浦三崎は誰びとも不尽を忘れて仰がぬところ

白秋
相模のや三浦三崎は目の前に城ヶ島とふ島あるところ

白秋
月明き半島の夜を歩まむとし汐ふかき風をまづ吸ひにけり

白秋
春あさき囃子求め来て月の磯我家の跡の汐あかり見つ

白秋
来て見ればいよいよ近き月明り通り矢も見ゆ城ヶ島も見ゆ

白秋
あれだあれだ城ヶ島のとつぱづれに燈台の灯が青う点いてる

秋風にライトブリユーの帆は三崎 青邨

追羽子に舁きゆく鮫の潮垂りぬ 秋櫻子

日ざかりの氷塊に立つ魚の鰭 秋櫻子

海月群れ七夕の潮なほ暮れず 秋櫻子

正月をして出てゆきぬ鮪船 たかし

城ヶ島

白秋
夕されば涙こぼるる城ヶ島人間ひとり居らざりにけり

白秋
しんしんと夕さりくれば城ケ島の魚籠押し流し汐満ちきたる

白秋
城ケ島の燈明台にぶん廻す落日避雷針に貫かれけるかも

白秋
城ケ島のさみどりの上にふる雨の今朝ふる雨のしみらなるかな

白秋
通り矢と城ケ島辺にふる雨の間の入海舟わかれゆく

白秋
城ヶ島の 白百合の花 大きければ 仰ぎてぞあらむ あそびの舟は

蜑が妻二日の凪に麦踏めり 秋櫻子

麦の芽に鳶かも下りて光りゐる 秋櫻子

鹿尾菜干す磯の草いちじるし 秋櫻子

冬薔薇や燈台守はものを読む 秋櫻子

松蟲を聞きに来にけり城ヶ島 たかし

松虫にささで寝る戸や城ヶ島 たかし

ひるがほの花の輪海の舟かくす 林火

きりぎりすいぶかりきくに波幾重 秋櫻子

きりぎりす見るは巌のみ又波のみ 秋櫻子

七夕竹わづかの砂に立てる磯 秋櫻子

舟造る槌音も秋城ヶ島 たかし

浜木綿の花咲く島の気象台 たかし

舟降りて島に一歩や秋の風 上村占魚

搗布干す島の生活ものぞき見る 上村占魚

週末をさけて薄暑の城ヶ島 立子

蠅とめて島の痩麦禾ながし 波郷

葉山

磯山のたそがれ白く梅咲きぬ 秋櫻子

荒波の間近に蒔きし冬菜かな 汀女

山荘に終る残る句会や夕霞 たかし