霞 かすみ

人麻呂歌集
巻向の檜原に立てる春霞おほに思はばなづみ来るめやも

人麻呂歌集
子らが手を巻向山に春されば木の葉しのぎて霞たなびく

人麻呂歌集
玉かぎる夕さり来ればさつ人の弓月が岳に霞たなびく

人麻呂歌集
今朝行きて明日には来ねと言ひし子が朝妻山に霞たなびく

人麻呂歌集
子らが名に懸けのよろしき朝妻の片山崖に霞たなびく

作者未詳
昨日こそ年は果てしか春霞春日の山に早立ちにけり

作者未詳
冬過ぎて春来るらし朝日さす春日の山に霞たなびく

作者未詳
うぐひすの春になるらし春日山霞たなびく夜目に見れども


古今集 在原行平
春のきる霞の衣ぬきをうすみ山かぜにこそみだるべらなれ

後撰集 貫之
春霞たなびきにけり久方の月の桂も花やさくらん

能宣
春の来る道のしるべはみ吉野の山にたなびく霞なりけり

好忠
須磨のあまも今は春べと知りぬらしいづくともなくなべて霞めり

好忠
木の芽はる春の山べをきて見れば霞の衣たたぬ日ぞなき

好忠
松が崎いつも緑の色なるをいとどし春の霞立ちつつ

源氏物語・須磨
ふる里を峯の霞は隔つれど眺むる空は同じ雲井か

和泉式部
春霞立つやおそきと山川の岩間をくゝる音きこゆなり

匡房
わぎもこが袖ふる山も春来てぞ霞のころもたちわたりける

経信
春霞たちし渡れば眺めやる遠の里人見へみ見へずみ

俊頼
さほ山にかすみの衣かけてけりなにをか四方の空はきるらん

けぶりかと室の八島を見しほどにやがても空のかすみぬるかな

波たてる松のしつ枝をくもてにてかすみわたれる天の橋立

いもせ山ほそたに川を帯にしてかすみのころもけさやきるらん

吉野山みねのこづゑは高けれど今朝はかすみにうづもれにけり

いつしかとかすみにけりな塩釜の浦ゆくふねの見えまがふまで

おとは山みねのかすみはたなびけど松のこづゑはかはらざりけり

不破の関あしみを駒におしへゆくこゑ許こそかすまざりけれ

俊恵
あゆちがた潮干の浦を見わたせば春の霞ぞまたたちにける

西行
いつしかと春来にけりと津の国の難波の浦を霞こめたり

西行たちかはる春を知れとも見せ顔に年をへだつる霞なりけり

西行
藻塩焼く浦のあたりはたちのかで煙立ちそふ春霞かな

西行
波越すと二見の松の見えつるは梢にかかる霞なりけり

式子内親王
花咲しおのへはしらず春霞千草の色の消ゆるころかな

有家
うちむれてなれぬる人の心をば野辺の霞もへだてやはせん

三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀 春の雨 春泥 木の芽 椿 接木 卒業 陽炎 土筆 蒲公英 紫雲英 苜蓿 薺の花 虎杖 春蘭
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集
お得区案内図