和歌と俳句

逢坂山

拾遺集・秋 良暹法師
あふさかの関の杉むら引くほどはをぶちにみゆる望月の駒

拾遺集・秋 源縁法師
みちのくのあだちの駒はなづめどもけふ逢坂の関まではきぬ

拾遺集・秋 惠慶法師
望月の駒引く時はあふさかの木の下やみも見えずぞありける

後拾遺集・恋 僧都遍救
逢坂の関の清水や濁るらん入りにし人のかげもみえぬは

後拾遺集・恋 左京大夫道雅
逢坂は東路とこそききしかど心づくしのせきにぞありける

後拾遺集・別 祭主輔親
あふさかの関ぢこゆともみやこなる人に心のかよはざらめや

後拾遺集・羇旅 堀川太政大臣兼通
逢坂の関とはきけどはしり井の水をばえこそとどめざりけれ

後拾遺集・雑歌 相模
逢坂の関に心はかよはねど見し東路は猶ぞこひしき

源氏物語・榊
行くかたをながめもやらんこの秋は逢坂山を露な隔てそ

源氏物語・関屋
逢坂の関やいかなる関なれば繁きなげきの中を分くらん

匡房
逢坂の杉まの月のなかりせばいくきの駒といかでしらまし

詞花集・雑歌 匡房
相坂の関の杉原下晴れて月のもるにぞまかせたりける

公実
逢坂の 関路にけふや 秋の田の ほさかの駒を つむつむとひく

匡房
逢坂の 関の夕霧 深ければ さやかにみえぬ 望月の駒

国信
逢坂の 関の杉むら 葉をしげみ 絶え間にぞみる 望月の駒

師頼
杉むらの しづ枝やくらき きりはらの 駒ひきわたす 逢坂の関

顕季
ともせども 今宵も明けぬ いたづらに 逢坂山も かひなかりけり

顕季
まだしきに 逢坂山に たちいづる この月かげの こまはあらじを

顕季
もり来ずば いかでか見まし 逢坂の この月かげの こまぞうれしき

俊頼
ときしもあれなきあふさかの杉が枝に山ほとぎぎす関かたむなり

俊頼
夏くればゆきかふ人を逢坂の関は清水にまかせてぞ見る

俊頼
音羽山もみち散るらし逢坂の関の小川に錦をりかく

俊頼
何しかも猶たのみけむ逢坂の関にてしもぞ人は別るる

源顕仲
君が代の 千歳の秋に 逢坂は 駒のこころも のどけかりけり

仲実
逢坂の 関のすきまに ひくなるは こや望月の 鹿毛斑の駒

師時
鳴くなるは 逢坂山の 轡虫 駒迎へする 人やきくらむ

藤原顕仲
こよひひく みまきの駒は 逢坂の 山よりいづる 月毛なりけり

基俊
ひく駒の 爪やひつらむ 逢坂の 関の清水の 底ぞ濁れる

永縁
逢坂に 雲のかけはし なけれども 空をぞかける 望月の駒

祐子内親王家紀伊
数しらず 君がためにと ひく駒は いくその秋に 逢坂の関

前斎宮河内
あふさかの せきのすぎむら こくらきに まぎれやすらむ かひのくろこま

親隆
みやこ出でて 幾夜か経ぬる 逢坂の 関路の杉は 遠ざかりぬる

金葉集・夏 源定信
わぎもこに逢坂山のほととぎす明くればかへる空に鳴くなり

金葉集・秋 小式部内侍
人もこえ駒もとまらぬ逢坂の関は清水のもる名なりけり

金葉集・秋 源仲正
東路をはるかに出づる望月の駒にこよひや逢坂の関

金葉集・秋千載集・羈旅 範永
有明の 月も清水に 宿りけり こよひはこえじ 逢坂の関

千載集・秋 源師時
逢坂の山ほととぎすなのるなり関守る神や空に問ふらむ

千載集・秋 藤原実守
もみぢ葉を関守る神に手向けおきて逢坂山を過ぐるこがらし

千載集・羇旅 祝部成仲
逢坂の関には人もなかりけり岩間の水のもるにまかせて

千載集・恋 賀茂重保
つれもなき人の心や逢坂の関路へだつる霞なるらん

顕輔
逢坂の せきに清水の なかりせば いかでか月の 影をとめまし

顕輔
みつぎもの 運ぶよほろし おほかれば みちもさりあへず 逢坂の関

頼政
逢坂の 関にし春を とどめては 山のこなたは 霞まざらまし

頼政
春くれば まづぞたちける 逢坂の 関もるものは 霞なりけり

頼政
逢坂を 越えぬものから 手にかけし 清水がなにぞ 袖の濡るるは

頼政
汲みて知れ 逢坂山の 石清水 手にかけけるは あさき心を

頼政
越えぬとも えこそおぼえね 逢坂の 関に心や とどめ置きけむ

頼政
急ぎつる けしきに見えぬ 逢坂の 関に心を とどめしもせし

清輔
はしりゐの 筧の水の 涼しさに 越えもやられぬ 逢坂の関

俊恵
逢坂の 関のすぎむら すぎながら もとの清水に 濡れかへりぬる

俊恵
ふたよとも 越えみてしがな 逢坂の 関守しばし うちも寝ななむ

俊恵
鳴きぬなる 鳥はそらねに あらねども あけてぞ通す 逢坂の関

俊恵
逢坂を または越えじと いふにこそ もとの清水に 濡れかへりぬれ

俊恵
関にすむ 夕つげ鳥に 我ならむ なきてもつひに 逢坂にをり

俊恵
我ならぬ 逢坂山の 葛の葉も かへるとてこそ 露も零るれ

俊恵
旅寝する われならなくに 逢坂の 関やま鳥も ひとりなくなり



近江 伊吹山 余呉のうみ 大津 堅田 眞野 志賀 唐崎 比良山 打出の浜 三井寺 長等山 石山 瀬田 比叡山 琵琶湖 鏡山
衣笠岡 由良 井手 天の橋立 泉川 徒し野 大井川 桂川 清滝川 嵯峨 小倉山 嵐山 大江山 音羽山 大原 糺すの森 比叡山 白河 鞍馬 賀茂川 鳥辺山 岩田の森 深草 伏見 宇治 宇治川 柞の森 甕の原