和歌と俳句

瀬田

兼盛
みつぎもの たえずそなふる 東路の 瀬田の長橋 音もとどろに

新古今集・雑歌 匡房
真木の板も苔むすばかりなりにけり後世経ぬらむ瀬田の長橋

顕季
ひき渡る 瀬田の長橋 空はれて 隈なく見ゆる 望月の駒

源顕仲
あさつまや はたさす駒に 声たてて 瀬田の長橋 ひきわたすなり

俊恵
旅人や 瀬田の長橋 辿るらむ ひきわたしても 見ゆる霞か

俊成
うち渡す駒のとどろにほととぎすさやにも聞かず瀬田の長橋

定家
夜をこめて朝たつ霧のひまひまにたえだえ見ゆる勢田の長橋

俊成
朝霧はせたのながはしこめてけり往き来の駒の音ばかりして

俊成
東路や瀬田の長橋むかしより幾千代へよと渡しそめけむ

芭蕉
五月雨にかくれぬものや瀬田の橋

芭蕉
めに残るよしのをせたの

芭蕉
獺の祭見て来よ瀬田のおく

芭蕉
ほたる見や船頭酔ておぼつかな

芭蕉
名月はふたつ過ても瀬田の月

素堂
戦けりほたる瀬田より参合

鬼貫
夏の日を事とも瀬田の水の色

其角
雁の行くづれかかるや勢田の橋

其角
逢にかかる命や勢田の

其角
我庵も瀬田の時雨の刷毛ついで

其角
こがらしや勢田の小橋の塵も渦

丈草
幾人かしぐれかけぬく勢田の橋

許六
杜鵑瀬田はうなぎの自慢かな

許六
瀬田の橋上り下りや初あらし

許六
旅をせぬ人の東や瀬田の

支考
瀬田の月又来る筈に定りぬ

野坡
勢田の雪湖ならぬ田子の頬かぶり

涼菟
貴様にはさぞ名月の瀬田泊

千代女
初しぐれ京にはぬれず瀬田の橋

蕪村
ゆく年の瀬田を廻るや金飛脚



近江 伊吹山 余呉のうみ 大津 堅田 眞野 志賀 唐崎 比良山 打出の浜 三井寺 長等山 逢坂山 石山 比叡山 延暦寺 横川 琵琶湖 鏡山
衣笠岡 由良 井手 天の橋立 泉川 徒し野 大井川 桂川 清滝川 嵯峨 小倉山 嵐山 大江山 音羽山 大原 糺すの森 比叡山 白河 鞍馬 賀茂川 鳥辺山 岩田の森 深草 伏見 宇治 宇治川 柞の森 甕の原