和歌と俳句

加茂川

人麻呂
鴨川の後瀬静けく後も逢はむ妹には我は今ならずとも


貫之
あれひきに ひきつれてこそ ちはやふる 賀茂の川波 うちわたりけれ

後撰集 よみ人しらず
かも河のみなそこすみててる月をゆきて見むとや夏はらへする

好忠
禊する加茂の川風吹くらしも涼みにゆかん妹をともなひ

好忠
夏ばかり賀茂の河原に過してんふるさと人は心置くとも

金葉集・雑歌 よみ人しらず
みそぎする賀茂の川波たちかへり早くみとせに袖はぬれきや

俊成
そのかみに祈りし末は忘れじをあはれはかけよ加茂のかは波

俊成
つららゐし賀茂の川上うちとけて瀬々のいはなみ春と告ぐなり

俊成
たちかへり昔の春の恋しきは霞をわけし賀茂のあけぼの

俊成
明けぬるか有明の月はかたぶきて賀茂の河原に千鳥なくなり

俊成
ゆきかへりなれし都のしのばれて音もなつかし賀茂の川波

有家
流れての世のためしとてかたがたの使立ち来る賀茂の川波

良経
わが祈る心のすゑを知れとてや袂に遠き賀茂の川風

良経
くもゐより立つる使ひに葵草いくとせかけつ賀茂の川波

定家
夏はつる扇に露もおきそめてみそぎすずしきかもの河風

定家
たがみそぎおなじあさぢのゆふかけてまづうちなびく加茂の河風

定家
千鳥なくかもの河瀬の夜半の月ひとつにみがく山あゐのそで

定家
神も見よかもの川浪ゆきかへりつかふる道にわけぬこころを

家隆
あふひ草秋の宮人かけそへてのどかに渡る賀茂の河水

実朝
さくらばなちりかひかすむ春のよのおぼろ月夜の加茂の川風


衣笠丘 金閣寺 御手洗川 嵯峨 徒し野 大原 寂光院 大堰川 桂川 清滝 仁和寺 御室 鞍馬 広沢の池 糺すの森 白川 音羽山 清水 銀閣寺 知恩院 東山 如意ヶ嶽 嵐山 大江山 小塩山 伏見 岩田の森 深草 宇治 宇治川 泉川 甕の原 柞の森 由良 天の橋立 与謝の海 井手