和歌と俳句

天の橋立


満つ潮ものぼりかねてぞかへるらし名にさへたかき天の橋立

好忠
うちわたし岸べは波にやぶるとも我名は朽ちじ天の橋立

金葉集・恋 藤原範永朝臣
恋ひわたる人に見せばや松の葉もした紅葉する天の橋立

千載集・羇旅歌 赤染衛門
思ふことなくてぞ見まし与謝の海の天の橋立みやこなりせば

金葉集・雑 馬内侍
思ふことなくてや見まし与謝の海の天の橋立みやこなりせば

金葉集・雑小倉百人一首 小式部内侍
大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天の橋立

詞花集・雑 俊頼
波たてる松のしづ枝をくもてにてかすみわたれる天の橋立

頼政
若布かる 春にしあれば うぐひすも 木つたひわたる 天の橋立

雅経
風わたる 松のしたねの 笹まくら 夢路とだゆる 天の橋立

定家
うばたまの夜わたる月のすむ里はげに久方のあまのはしだて

橋立や景過もせず霧のひま 素堂

せきれいの尾やはし立をあと荷物 蕪村

橋立や夜明夜明の天の川 青蘿


橋立の松原くれば朝潮に篠葉釣る人腰なづみ釣る


松原を長洲の磯とさし出の天の橋立海も朗らに


鰺網を建て干す磯の夕なぎに天の橋立霧たなびけり


干蕨蓆に曝す山坂ゆかへり見遠き天の橋立

橋立や松一筋に秋の空 漱石

橋立の片波高きしぐれかな 泊雲

橋立の根方の村の小春かな 泊雲

松の花天の橋立風立ちぬ 草城

橋立の根にかたまりて茶屋小春 泊雲

橋立をたてに雲ゆく時雨かな 泊雲

遠のけば沈む橋立夏の海 泊雲

橋立や海へしづるゝ松の雪 泊雲

松の中いたるところに昼寝人 泊雲

鳴いて天の橋立よこたはる 草城

簾おろし天の橋立うすくなる 青邨

松籟をききもやひゐる浅蜊舟 林火

泳ぎより歩行に移るその境 誓子