和歌と俳句

東山

嵐雪
蒲団きて寝たる姿や東山

其角
車にて花見を見ばや東山

許六
陽炎の中やゆらつく東山

支考
名月や膳にすゑたる東山

蕪村
顔見世やふとんをまくる東山

蕪村
涼しさや見世より裏を東山

蕪村
明やすき夜をかくしてや東山

几董
おぼろ夜や南下リにひがし山


子規
祇園清水冬枯もなし東山

漱石
や障子あくれば東山

晶子
ひがし山やどのあるじにおどされぬひひなぬすみて来しやとばかり

晶子
くれなゐの三重をくづさぬ人の襟けぢかに見つつ東山ゆく

晶子
春の夜は東山よりくると云ふ寺寺靄し月のぼるとき

晶子
ひがし山青蓮院のあたりよりもも色の日の歩みくるかな

碧梧桐
比枝寒き峰のつづきや東山

虚子
東山静かに羽子の舞落ちぬ

虚子
月を待つ椅子に対して東山

石鼎
年々の落葉に霜や東山

龍之介
時雨るゝや峯はあけぼのゝ東山

龍之介
尊しや若葉を盛れる東山

素十
夜桜やここより見えぬ東山

草城
東山うねうねとして花ぐもり

草城
東山見えぬさびしさ夏の雨

草城
蚊柱に澄むや夕の東山

草城
新緑や松は黝む東山

草城
秋風や雲の影徂く東山

草城
木枯や翠も暗き東山

草城
東山日のほがらかに眠りたり

草城
東山はかなくなりてしぐれけり

播水
眼前に東山あり初句会

播水
東山暮れて川床灯りたり

播水
東山暮れてしまひし花火かな

播水
大歳の夕日当れる東山

播水
寒泳ぎはじまる水に東山

虚子
夏山に東山あり京に来し