和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

満洲の野に咲く花のねぢあやめ

短夜や露領に近き旅の宿

宇治川の三方山や蛍狩

止りたる追ふことも只ねむし

山蟻や昼寝の杣を越えて這ふ

山羊群れて水溜ある夏野かな

夕立や森を出て来る馬車一つ

大江をつたひ下るや夕立雲

夕立や救難船もまつしぐら

門毎の涼み床几や東山

病身をもてあつかひつ門涼み

白玉にとけのこりたる砂糖かな

裸子の逐へば家鴨の逃ぐるなり

避暑宿の壁に貼りたる子供の繪

日を仰ぎ牡丹の園に這入りけり

己が葉をかむりて風の牡丹かな

ふるひ居る小さき蜘蛛や立葵

落書の顔の大きく梅雨の塀

神垣に枇杷の生りたるをかしさよ

這入りたる虻にふくるる花擬宝珠

蜘蛛打つて暫く心静まらず

いためたる羽立てて這ふ羽蟻かな

羽抜鳥土をけたてて走りけり

移り来て人住みにけり青すだれ

三條の橋暮れて行く床涼み

炎天の空美しや高野山

前の人誰ともわかず蓮の闇