和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

百官の衣更へにし奈良の朝

セルを着て病ありとも見えぬかな

各々の薔薇を手にして園を出づ

今朝も亦露のさうびをはさみけり

徐ろに歩を移し剪るさうびかな

鵜飼見の船よそほひや夕かげり

松風に騒ぎとぶなり水馬

なつかしきあやめの水の行方かな

よりそひて静なるかなかきつばた

夕立の虹見下ろして欄に倚る

大夕立来るらし由布のかきくもり

くづをれて団扇づかひの老尼かな

此方へと法の御山のみちをしへ

客の座に朱の漆のの桶

日焼せし旅の戻りの京の宿

わだつみに物の命のくらげかな

なく聲の大いなるかな汗疹の兒

懇ろに寝冷えの顔を化粧けり

はなびらの垂れて静かや花菖蒲

姉妹や麥藁籠にゆすらうめ

の莖の長さや山の池

川船のギイとまがるやよし雀

取る法被の袖をかかげつつ

繪扇にかくしおほせし面輪かな

落語聞く静かに団扇使ひつつ

うち笑ひ団扇づかひのせはしなき

清瀧の橋の上まで日蔽かな

岩の間人出てを仰ぎけり

浴衣きし我等を闇の包みつつ

広告の行燈通る橋すずみ