和歌と俳句

化粧して恙な忘れぬ初袷 みどり女

初袷訪ふべき誰彼思ひ見る みどり女

髪結うてつれる眉毛や初袷 喜舟

みづみづとこの頃肥り絹袷 久女

古袷着かへし栄えもなかりけり 淡路女

我が肩の此の頃肥えし袷かな 淡路女

旅したき思ひそゞろに初袷 淡路女

一年の重荷おろせし袷かな 万太郎

ひさびさに角帯しめし袷かな 万太郎

ものおもひみせし袷のうなじかな 万太郎

かいま見し驛の離別や初袷 汀女

袷着て袂にたすきうつしけり 万太郎

男より高き背丈や初袷 汀女

袷着て山吹が散るつつじが散る 汀女

老骨の稜々として袷かな 青畝

品川にあれば旅めく初袷 汀女

昼まへに用かたづきし袷かな 万太郎

人がらと芸と一つの袷かな 万太郎

袷著て照る日はかなし曇る日も 鷹女

古袷著てただ心豊かなり 虚子

美しき故不仕合せよき袷 虚子

なささうであるのが苦労はつ袷 万太郎

初袷青春すでに子らのもの 悌二郎

若き農夫袷白襟僧のさま 草田男

素袷や時代は移り変りつつ 立子

朔日に処する朝の袷着る 爽雨