和歌と俳句

若楓

若楓一ふりふつて日が照て 来山

都出て又宮古ありわか楓 支考

公達の手ならひの間や若楓 涼菟

近う聞坐主の嚔や若楓 蕪村

箒目のあやまつ足や若楓 蕪村

三井寺や日は午にせまる若楓 蕪村

葉桜に一木はざまやわか楓 几董


若楓軒のともしのうつり哉 子規


我が庭の植木のかへで若楓歸りかへらず待ちつゝ居らむ

若楓大木戸に茶店ある芝居 碧梧桐

若楓駟馬の秣の食みこぼし 碧梧桐

間取り図に庭木覚えや若楓 碧梧桐

茂吉
よにも弱き 吾なれば 忍ばざるべからず雨ふるよ 若葉かへるで

鱒の淵も岩は鏡を若楓 碧梧桐

筝の前に人ゐずなりぬ若楓 虚子

老木に紅さす楓若葉かな 石鼎

一枝月にさし出てうすし若楓 石鼎

若楓枝を平に打重ね 風生

石棺の上の上なる若楓 かな女

雨ふくみ葉の重みして若楓 石鼎

厨着ぬいでひとり汲む茶や若楓 久女

白秋
前廂 ふかきこの家の 門庭は 日の照りあかり 若葉かへるで

葉先早や燃えて微風の若楓 草城