和歌と俳句

祭り

鮓売も人におさるゝ祭かな 也有

草刈の手に残りけり祭笛 也有

酔ふして一村起ぬ祭かな 太祇


百人一首を行列にする祭りかな 虚子

晶子
夏まつり よき帯むすび 舞姫に 似しやを思ふ 日のうれしさよ

晶子
石だたみ 履にすりゆく 祭り日の 花笠人を 思ひ初めてし

晶子
夏まつり 山車のけんくわに 袖ふるを 侠とおもはず 結綿の人

篝焚く二タ峰も漁村祭りかな 碧梧桐

大雨に獅子を振りこむ祭かな 鬼城

万燈を消して侘しき祭かな 鬼城

奥四萬の月にいつまで祭笛 普羅

茣蓙取れば青き祭の畳かな 虚子

麹町十三丁目まで祭かな 喜舟

祭舟装ひ立てて山青し 虚子

祭の灯つきたる島や波の上 草城

お屋敷の塀のはづれの祭かな 万太郎

藪の道人の出て来る祭かな 虚子

老禰宜の太鼓打居る祭かな 虚子

神田川祭の中をながれけり 万太郎

篝屑水棹にかかる祭かな 夜半