祭り

夏祭

鮓売も人におさるゝ祭かな 也有

草刈の手に残りけり祭笛 也有

酔ふして一村起ぬ祭かな 太祇


晶子
夏まつりよき帯むすび舞姫に似しやを思ふ日のうれしさよ

晶子
石だたみ履にすりゆく祭り日の花笠人を思ひ初めてし

篝焚く二タ峰も漁村祭りかな 碧梧桐

大雨に獅子を振りこむ祭かな 鬼城

万燈を消して侘しき祭かな 鬼城

奥四萬の月にいつまで祭笛 普羅

麹町十三丁目まで祭かな 喜舟

祭の灯つきたる島や波の上 草城

お屋敷の塀のはづれの祭かな 万太郎

老禰宜の太鼓打居る祭かな 虚子

神田川祭の中をながれけり 万太郎

篝屑水棹にかかる祭かな 夜半

篝守漕ぎ移りくる祭かな 夜半

海鰻売りの居村まはりて祭かな 青畝

妹が居の宰相山も夏祭り 誓子

瑞枝して欅影さす祭かな 秋櫻子

祭笠いただき栄えてわたし守 秋櫻子

かんばせの汗うつくしき祭かな 草城

凌霄の花のふふまる祭かな 悌二郎

崎の海は荒びたれども夏祭 誓子

畦みちにかはほりの舞ふ祭かな 悌二郎

遷座式ありての上の祭かな 喜舟

夕しほや祭の中の橋の数 喜舟

祭あはれ覗きの眼鏡曇るさへ 誓子

からくりの鞭ひしひしと夏祭 誓子

祭りあはれ奇術をとめを恋ひ焦れ 誓子

雨をよぶ山車を出しけり夏祭 かな女

家を出て手を引かれたる祭かな 草田男

宵に睡て又目の醒めし祭かな 草田男

町中に祭の山車はみどりなす 青邨

がぶがぶとサイダのみたる祭かな 万太郎

提灯のともりそめたる祭かな 万太郎

おもふさまふりてあがりし祭かな 万太郎

年々に空地へりゆく祭かな 万太郎

ほほすけにあか弓あか矢夏祭 石鼎

浜木綿に夜の波白き祭笛 麦南

足袋買ふや木曾の坂町夏祭 多佳子

街道のしばらく海に祭かな 万太郎

真円き月と思へば夏祭 汀女

ふく風やまつりのしめのはや張られ 万太郎

梅雨はやき波よけさまのまつりかな 万太郎

祭ことし揃ひの染めも上々に 万太郎

そらまめのおはぐろつけし祭かな 万太郎

磴のぼるほどに汐の香夏まつり 爽雨

げに今日や祭ばんてん祭足袋 万太郎

どぜうやの大きな猪口や夏祭 万太郎

女房おかめ亭主ひよつとこ夏まつり 万太郎

神崎の夜は真闇なる夏祭 悌二郎

杣道を檜はかくす夏祭 静塔

山水をかけし漆の祭笛 静塔

足袋脱ぎて鮎とつきあふ祭かな 静塔

戸障子を外す祭の在所にて 静塔

真裸に祭半纏直かに被て 誓子

祭太鼓打ち込む撥と若き身と 誓子

山車統べて鎧皇后立ち給ふ 誓子

立つ吾の肉を震はす祭太鼓 誓子

夏祭献燈峠にて終る 静塔

皿洗ふ手に流速の祭川 静塔

五月 立夏 初夏 牡丹 衣更 葉桜 菖蒲 鯉幟 柏餅 新茶 薄暑 葵祭り 祭り 若楓 新樹  若葉 芍薬 芥子の花 雛罌粟 忍冬の花 棕櫚の花 桐の花 朴の花 泰山木の花 薔薇 茨の花 卯の花
お得区案内図