芥子の花

芭蕉 (野ざらし紀行)
白げしにはねもぐ蝶の形見哉

海士の顔先見らるるやけしの花 芭蕉

ちり際は風もたのまずけしの花 其角

青雲や馬鍬やすむる昼の罌粟 丈草

舟乗りの一浜留守ぞけしの花 去来

掃庭やこぼれたままにけしの花 支考

けしの花我身わすれし月日哉 千代女

けしの花籬すべくもあらぬ哉 蕪村

露たかき麦の見こしや芥子の花 暁台

しら芥子に焚火移ふや嵯峨の町 暁台

汐かぜや砂ふきかゝるけしの花 暁台

花罌粟にくむで落たる雀かな 白雄

白罌粟や片山里の朦の中 太祇

白芥子の美人かくるゝ草の庵 青蘿

白罌粟に照りあかしたる月夜哉< 青蘿

白罌粟に煤はく家や加茂の里 几董

芥子の花がうぎに雨の一当り 一茶

生て居るばかりぞ我とけしの花 一茶

花げしのふはつくやうな前歯哉 一茶

清書の赤い直しや芥子の花 一茶

僧になる子のうつくしやけしの花 一茶

五月 立夏 初夏 牡丹 衣更 葉桜 菖蒲 鯉幟 柏餅 新茶 薄暑 葵祭り 若楓 新樹  若葉 たけのこ 芍薬 芥子の花 雛罌粟 忍冬の花 棕櫚の花 桐の花 朴の花 泰山木の花 薔薇 茨の花 卯の花 麦の秋 麦刈り 花菖蒲 あやめ 杜若 短夜 初鰹 花橘 柿の花 石榴の花 栗の花 椎の花 栴檀の花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図