加賀千代女

潅仏や蔦の若葉もあゆみそめ

葉に成し木は何思ふ仏生会

けしの花我身わすれし月日哉

けし咲や蒔たその手もおそろしき

そのわかれ浮草の花けしの花

花に針心知りたきかな

うのはなの闇に手のつく若葉哉

卯のはなは日をもちながら曇りけり

卯の花や垣の結目も降かくし

うへが上にさす欲もなきあやめ

音ばかり筧失なふあやめ

降らいでもぬるる名のあるあやめ

沢にあるうちは名たたぬ菖蒲哉

風さけて入口涼し菖蒲哉

むかしにも似かよふ影やかきつばた

卯の花の影三つよつやかきつばた

行春の水そのままや杜若

水の書水の消したり杜若

面影のかはるを果やかきつばた

萍の身はまたおもしかきつばた

短夜や旭にあまる鶏の声

の香やその空はへだつとも

紫陽花に雫あつめて朝日かな

こぼれてはもとの水なり紅の花

ふみそむる鹿の子の道や紅の花

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 也有 太祇 蕪村 暁台 几董 召波 白雄 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 土佐日記 伊勢物語 古今和歌集 後撰和歌集 源氏物語の中の短歌 千載和歌集 新古今和歌集 大鏡 方丈記 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内