和歌と俳句

紫陽花 四葩

崇徳院
紫陽花のよひらの山に見えつるは葉越しの月の影にやあるらむ

俊成
夏もなほ心はつきぬ紫陽花の四ひらの露に月もすみけり

紫陽草や藪を小庭の別座鋪 芭蕉

紫陽草や帷巾時の薄浅黄 芭蕉

あぢさゐを五器に盛ばや草枕 嵐雪

紫陽花やそらに覚ぬはなの雨 野坡

紫陽花に雫あつめて朝日かな 千代女

あぢさゐやよれば蚊の鳴花のうら 暁台

あぢさゐやしばし日のさす蔵の間 白雄

一葉
世の中のひとの心にならひけんかはるにはやきあぢさゐの花

一葉
飛鳥川あすは知らねど水色に今日はにほへるあぢさゐの花

紫陽花や壁のくづれをしぶく雨 子規

一葉
我がおもふ人の宿には無くもがなかはりやすかるあぢさゐの花

紫陽花やきのふの誠けふの嘘 子規

思ひ出して又紫陽花の染めかふる 子規

巫女頼む家の紫陽花垣間見し 碧梧桐

庭の蘆も藪はなれ紫陽花のある 碧梧桐

夕立のはるる跡より月もりて叉色かふる紫陽花の花 子規