和歌と俳句

柿の花

鞍つぼに酒吸ふ門やかきの花 暁台

柿の花土塀の上にこぼれけり 子規

据風呂の中はしたなや柿の花 漱石

晶子
牛の子を木かげに立たせ絵にうつす君がゆかたに柿の花ちる

晶子
行水のうしろふくときはらはらとかひなにちりし柿の花かな

茂吉
おのが身をいとほしみつつ帰り来る夕細道に柿の花落つも

雨だれにうたれてかたし柿の花 虚子

渋柿の落花する井を汲みにけり 鬼城

灯を愛づる夜冷に柿の落花かな 水巴

柿の花ほろほろこぼれおつる下に参りて 碧梧桐

柿の花こぼるる枝の低きかな 風生

こぼるるもくだつも久し柿の花 風生

柿の花のぽとりとひとりで 山頭火

灯れば蚊のくる花柿の葉かげより 久女

花柿に簾高く捲いて部屋くらし 久女

障子しめて雨音しげし柿の花 久女

上宮は雨もよひなり柿の花 久女

雨をたたへてあふるるにういて柿の花 山頭火

朝じめりへぽとりと一つ柿の花 山頭火

柿落花石山への道すでにしろ 草田男