初鰹

目には青葉山郭公はつ鰹 素堂

鎌倉を生て出けむ初鰹 芭蕉

包丁のうしろ明りや初がつを 土芳

朝比奈が曾我を訪ふ日や初がつを 蕪村

又嬉しけふの寐覚ははつ鰹 暁台

年よらぬ顔ならべたやはつ鰹 太祇

日本橋や曙の富士初松魚 子規

江戸亡ぶ爼に在り初鰹 虚子

初鰹いたくさげすむ門地かな 蛇笏

初松魚ふれ来てこれぞ江戸芝居 秋櫻子

みどり葉を敷いて楚々たり初鰹 鷹女

山葵摺れ飯の炊きたて初松魚 喜舟

初鰹朝風呂好きときこへけり 喜舟

初鰹ひとの母子を身の辺 波郷

初鰹彼奴等と呼ばれつつも買ふ 楸邨

初鰹双生児同日歩き初む 草田男

六月 花菖蒲 あやめ 杜若 著莪の花 短夜 初鰹 花橘 柿の花 石榴の花 栗の花 椎の花 栴檀の花 えごの花 くちなしの花 紫陽花 茴香の花 紅の花 十薬 萱草の花 梅雨 五月雨 蝸牛 さくらんぼ  青梅 枇杷 早苗 田植え アマリリス 鵜飼 葭切 翡翠 蚊帳 青嵐 風薫る
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内