柘榴の花

衿うらのはじめて赤し花石榴 才麿

五月雨にぬれてやあかき花柘榴 野坡

軒下の破れ櫃に散る柘榴かな 虚子

泥塗つて柘榴の花の取木かな 鬼城

柘榴ちつて珊瑚瑪瑙をしく庭よ 鬼城

古宿や青簾のそとの花ざくろ 蛇笏

妻織れどくるはしき眼や花柘榴 蛇笏

草の戸の真昼の三昧や花柘榴 茅舎

塀内に遊ぶ雀や花ざくろ 石鼎

青蚊帳に朝日くる間や花ざくろ 石鼎

散るといふは火のこぼるゝや花柘榴 喜舟

安宿のざくろたくさん花つけた 山頭火

松へざくろの咲きのこる曇り 山頭火

格子戸に鈴音ひびき花柘榴 蛇笏

朝曇る柘榴の落花掃きにけり 麦南

鴉ある日柘榴の花にとまりけり 石鼎

柘榴咲く市井にかくれ棲みにけり 淡路女

花柘榴また黒揚羽放ち居し 汀女

花柘榴なれば落つとも花一顆 草田男

若者には若き死神花柘榴 草田男

花柘榴陋巷の人口を結び 草田男

花柘榴われ放埓をせしことなし 草田男

天暮れてこぼるるものに花石榴 楸邨

とはにあれ柘榴の花もほほゑみも 楸邨

世はハタと血を見ずなりぬ花柘榴 草田男

恋ふ難し石榴の花は実の先に 不死男

健気さが可愛さの妻花柘榴 草田男

静臥時は廃墟に似たり花石榴 林火

花石榴咳くゆゑひとに逢はぬなり 林火

茂吉
隣人の さ庭にこごる 朱のあけの 柘榴のはなも 咲くべくなりて

雨鬼鳴きてくもる菜園柘榴さく 蛇笏

花柘榴くちびるなめて嫗どち 草田男

花柘榴家運傾き易きかな 鷹女

花柘榴情熱の身を絶えず洗ふ 草田男

墓地赤し落ちて漏斗の花石榴 不死男

花柘榴雨きらきらと地を濡らさず 林火

薬また変れり石榴咲きつづけ 林火

ざくろ咲き織る深窓を裏におく 静塔

六月 花菖蒲 あやめ 杜若 著莪の花 短夜 初鰹 花橘 柿の花 石榴の花 栗の花 椎の花 栴檀の花 えごの花 くちなしの花 紫陽花 茴香の花 紅の花 十薬 萱草の花 梅雨 五月雨 蝸牛 さくらんぼ  青梅 枇杷 早苗 田植え アマリリス 鵜飼 葭切 翡翠 蚊帳 青嵐 風薫る
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図