和歌と俳句

柘榴の花

衿うらのはじめて赤し花石榴 才麿

五月雨にぬれてやあかき花柘榴 野坡

軒下の破れ櫃に散る柘榴かな 虚子

泥塗つて柘榴の花の取木かな 鬼城

柘榴ちつて珊瑚瑪瑙をしく庭よ 鬼城

古宿や青簾のそとの花ざくろ 蛇笏

妻織れどくるはしき眼や花柘榴 蛇笏

牧水
欅の木 椎の木の葉の しづもりの 蔭に燃えたる 花ざくろ花

牧水
見てあれば 見てあるほどに 柘榴花 くれなゐ燃えて 枝にそよがず

牧水
触れがたき ものにこそあれ 水無月の 曇りのかげに 咲ける柘榴花

牧水
たましひよ 萎えしといふな 真夏日の ひかりのなかに 柘榴は咲けり

牧水
或時は ひつそりとして 葉がくれに 悲しめるごとき 花ざくろ花

牧水
日のひかり かげり来れば 枝枝の 柘榴の花は 揺れてそよげり

草の戸の真昼の三昧や花柘榴 茅舎

塀内に遊ぶ雀や花ざくろ 石鼎

青蚊帳に朝日くる間や花ざくろ 石鼎

散るといふは火のこぼるゝや花柘榴 喜舟

牧水
梅雨晴の わづかのひまに 出でてみる 庭の柘榴の 花はまさかり

牧水
散りたまる 柘榴の花の くれなゐを わけてあそべり 子蟹がふたつ

安宿のざくろたくさん花つけた 山頭火

松へざくろの咲きのこる曇り 山頭火

格子戸に鈴音ひびき花柘榴 蛇笏

朝曇る柘榴の落花掃きにけり 麦南

鴉ある日柘榴の花にとまりけり 石鼎

柘榴咲く市井にかくれ棲みにけり 淡路女

花柘榴また黒揚羽放ち居し 汀女

学園の窓の柘榴よ咲いて散る 三鬼

花柘榴なれば落つとも花一顆 草田男

若者には若き死神花柘榴 草田男

花柘榴陋巷の人口を結び 草田男

花柘榴われ放埓をせしことなし 草田男

天暮れてこぼるるものに花石榴 楸邨

とはにあれ柘榴の花もほほゑみも 楸邨

世はハタと血を見ずなりぬ花柘榴 草田男

恋ふ難し石榴の花は実の先に 不死男

健気さが可愛さの妻花柘榴 草田男

静臥時は廃墟に似たり花石榴 林火

花石榴咳くゆゑひとに逢はぬなり 林火

茂吉
隣人の さ庭にこごる 朱のあけの 柘榴のはなも 咲くべくなりて

雨鬼鳴きてくもる菜園柘榴さく 蛇笏

花柘榴くちびるなめて嫗どち 草田男

花柘榴家運傾き易きかな 鷹女

花柘榴情熱の身を絶えず洗ふ 草田男

墓地赤し落ちて漏斗の花石榴 不死男

花柘榴雨きらきらと地を濡らさず 林火

薬また変れり石榴咲きつづけ 林火

ざくろ咲き織る深窓を裏におく 静塔