和歌と俳句

燕の子

千樫
にごり河の岸の小笹に押しならびつばくらの子は鳴きて居にけり

久女
訪ふを待たでいつ巣立ちけむ燕の子

青邨
燕の子ゐると思へば昼しづか

汀女
子燕のさざめき誰も聞き流し

汀女
ほしいまま茂る木の間を親燕

多佳子
待つ長し電線つかみ仔燕等

多佳子
母燕細し炎天へ翔けいづるとき

三鬼
燕の子眠し食いたし雷起る

林火
黒と白すでにくきやか子燕は

爽雨
飛びならふ子燕の中ぬけて親

爽雨
崖すがりしては子燕飛びならふ