和歌と俳句

青嵐

長雨の空吹出せ青嵐 素堂

青嵐定まる時や苗の色 嵐雪

箱崎や松のふかみも青あらし 涼菟

声を添て塚の名ひゞけ青嵐 青蘿

酒の香を松にかこみて青嵐 青蘿

青あらしかいだるげなる人の顔 一茶

青嵐吹やずらりと植木売 一茶

行灯を虫の巡るや青あらし 一茶

眞帆片帆どこまで行くぞ青嵐 子規

汽車を見る山を上るや青嵐 子規

岡の上に馬ひかえたり青嵐 子規

青嵐去来や来ると門に立つ 子規

大手より源氏寄せたり青嵐 漱石

晶子
三井寺や葉わか楓の木下みち石も啼くべき青あらしかな

牧水
窓ちかき 水田のなかの 榛の木の 日にけに青み 嵐するなり

高楼や昼も灯す青嵐 虚子

泉石を外づれる滝や青嵐 蛇笏

馬に乗つて千里の情や青嵐 鬼城

青嵐の到ると見ゆる遠樹かな 草城

青嵐鷺吹き落す水田かな 龍之介

牧水
とほ空に 浮き出づる雲の とりどりに 光りなびきて 青あらし吹く

川瀬ゆるく波をおくるや青嵐 蛇笏

青嵐早苗凹めて消えにけり 播水

青嵐のタオルみな飛びて庭の木に 播水

青嵐や湖きはまりて川となる 播水

湖晴れて青嵐いたることしきり 播水

高芦に打ち込む波や青嵐 亞浪

来て見れば軒はふ薔薇に青嵐 龍之介

棟二つ谷に沈みて青嵐 泊雲

青嵐や小扉あいて金燈籠 爽雨

青嵐や萍さつと吹きしらめ 泊雲

青嵐広葉の笛をひるがへし 石鼎