アマリリス

白秋
あまりりす息もふかげに燃ゆるときふと唇はさしあてしかな

白秋
くれなゐのにくき唇あまりりすつき放しつつ君をこそおもへ

茂吉
ぬけいでし太青茎の茎の秀にふくれきりたる花あまりりす

茂吉
あまりりす鉢の土より直立ちて厚葉かぐろくこの朝ひかる

晶子
ひと本に思ひあまれる紅き花あまたつけたるアマリリスかな

ウエートレス昼間はねむしアマリリス 草城

アマリリス防波堤潮あをし 秋櫻子

燭さはに聖母の花のアマリリス 秋櫻子

四つの花四方に開きてアマリリス 草城

アマリリス朝日はつねに慈父の如く 鷹女

佛花としてアマリリスの花八方向く 多佳子

アマリリス跣足の童女のはだしの音 多佳子

名声消さず為事せぬ人アマリリス 草田男

病室の隅の未明やアマリリス 波郷

アマリリス土佐闘犬を飼へる門 悌二郎

天草も見えて船来るアマリリス 秋櫻子

茴香の花 紅の花 十薬 萱草の花 瓜の花 梅雨 梅雨空 梅雨雲 梅雨晴 梅雨夕焼 梅雨の月 五月雨 蝸牛 雨蛙 さくらんぼ  青梅 紫蘇 枇杷 早苗 田植え 早乙女 誘蛾灯 灯取虫 アマリリス 蛍籠 蓮の浮葉 浮き草 河骨 鵜飼 葭切 翡翠 蚊帳 蚊遣 青嵐 風薫る ほととぎす 閑古鳥 夏木立 茂り 夏野 夏草 昼顔 暑さ 青簾 籐椅子 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立
お得区案内図