和歌と俳句

時鳥鰹を染にけりけらし 芭蕉

鰹売いかなる人を酔すらん 芭蕉

伊勢にても松魚なるべし酒迎 其角

大勢の中へ一本かつをかな 嵐雪

鰹一本に長家のさはぎ哉 一茶


松魚船入江につどひ檣に網建て干せり帆を張るが如し


きららかに磯の松魚の入日さしか ゞやくなべに人立ち騷ぐ

牧水
港はや青むらききの夏の魚鰹ばかりを売る街となる

牧水
鰹売ると月夜の海の魚の如人こそさわげ崎の月夜に

牧水
したたかにわれに喰せよ名にし負ふ熊野が浦はいま鰹時

牧水
熊野なる鰹の頃に行きあひしかたりぐさぞも然かと喰せこそ

牧水
むさぼりて腹な破りそ大ぎりのこれの鰹をうましうましと

牧水
あなかしこ胡瓜もみにも入れてあるこれの鰹を殘さうべしや

釣竿の竹大束や鰹船 水巴

松魚舟子供上りの漁夫もゐる 虚子

白雲や漕ぎつれ競ふ鰹舟 月二郎

出刃の背を叩く拳や鰹切る たかし

盤台を滑る鰹や掴み切る たかし

鰹釣る直立海に上下して 誓子