和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

広き道一筋夏の園に在り

蟇の居る石に玉巻く芭蕉かな

師僧遷化芭蕉玉巻く御寺かな

箏の前に人ゐずなりぬ若楓

棕櫚の花句作につけて見る日かな

田植すみて東海道雨の人馬かな

雑談も夜涼に帰せり灯取虫

灯取虫燭を離れて主客あり

灯ともせば早そことべり灯取虫

舟べりにとまりてうすきかな

寝し家を喜びとべるかな

蛍追ふ子ありて人家近きかな

翡翠去つて人船繋ぐ杭かな

福を待つ床の置物夏座敷

今日の日も衰へあほつ日除かな

心中の屍つつむ土用浪

茣蓙取れば青きの畳かな

我心或時軽し罌粟の花

うき草のそぞろに生ふる古江かな

の国の事知らで掃く帚かな

清水のめば軽らかになりにけり

汗をたたむ額の皺の深きかな