和歌と俳句

衣更 ころもがえ

百官の衣更へにし奈良の朝 虚子

男の子一人女子一人や更衣 みどり女

窓の花に折々蝶や更衣 みどり女

鹿島立つ人も送らず更衣 かな女

ミシン踏む足のかろさよ衣更 久女

蝕める蕗の広葉や更衣 鷹女

更衣ひとの煙草の香の来るも 汀女

衣冠をば脱ぎすてたりし更衣 青畝

並みて行く吾子の若者ころもがへ 

衣更へてしぼりの帯と扇子かな 立子

とつぎたる妹は新居に更衣 立子

衣更て甲板に出ぬ島ありぬ 虚子

更衣鏡のなかにうつるもの 万太郎

目立たぬや同じ色なる更衣 虚子

方丈といふには若し更衣 みどり女

衣更爬虫のいろに蜂腰 蛇笏

更衣地球儀青き夜を愛づる 蛇笏

はやばやと更へし衣にたすきがけ 風生

小説のヒロイン死ぬや更衣 汀女

衣更へてたのしき手紙懐ろに 立子

妹が腹すこし身にふり更衣 蛇笏

衣更へて早昼餉時妻一人 立子

傷心をつつむ衣を更へにけり 風生

くらがりに富士の図白し衣更 青邨

冬青の花こぼるる日なり衣更 素十