棕櫚の花

村中にひよつと寺あり椶櫚の花 也有

敷石や一丁つづく棕櫚の花 漱石

世はいづれ棕櫚の花さへ穂に出でつ 漱石

子規
里遠き門に車の音もなし昼寐の床に散る椶櫚の花

ぬきんでて雑木の中や棕櫚の花 漱石


きその宵雨過ぎしかば棕櫚の葉に散りてたまれるしゆろの樹の花


積みあげし眞木に着せたる萱菰に撓みてとゞく椶櫚の樹の花

白秋
夕されば棕梠の花ぶさ黄に光る公園の外に坐る琴弾者


洗ひ米かわきて白きさ筵に竊に椶櫚の花こぼれ居り

恋ひ老いて貧苦に梳けり棕櫚の花 蛇笏

棕櫚の花こぼれて掃くも五六日 虚子

簀戸たてて棕櫚の花降る一日かな 久女

花棕梠や昔ながらの大藁家 悌二郎

花棕梠のあたりまばゆき煙雨かな 鷹女

花棕櫚の雨より遠き月日かな 楸邨

よき妻とともに壮年棕櫚咲けり 草田男

棕梠の花また朝影の濃きところ 汀女

棕梠の花やうやく雨を呼びにけり 汀女

花棕櫚やなごむ余地なき一倒心 草田男

棕梠の花猫糞る顔のハート型 不死男

棕櫚の花港の風も忘れじよ 汀女

棕梠の花鬱と寸伸びゐたらずや 林火

五月 立夏 初夏 牡丹 衣更 葉桜 菖蒲 菖蒲葺く 菖蒲湯 鯉幟 柏餅 新茶 薄暑 セル 芭蕉巻葉 葵祭り 若楓 新樹  若葉 たけのこ 芍薬 芥子の花 雛罌粟 忍冬の花 棕櫚の花 桐の花 朴の花 泰山木の花 薔薇 茨の花 卯の花 麦の秋 麦刈り 花菖蒲 あやめ 杜若 短夜 初鰹 花橘 柿の花 石榴の花 栗の花 椎の花 栴檀の花 えごの花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内