忍冬の花 すいかずら

蕪村
蚊の声す忍冬の花散るたびに


藪陰のおどろがさえにはひまどひ蕗の葉に散る忍冬の花


忍冬の花さきひさに鬼怒川にぼら釣る人の泛けそめし見ゆ


すひかづら垣根に淋し七浦のまだきの雨に獨り來ぬれば

牧水
松荒きこの松原にすひかづらひとり匂ひて咲きにけるかも

耕平
降る雨に濡れつつ咲けるすひかづら黄色乏しくうつろひにけり

夜半
忍冬の花折りもちてほの暗し

汀女
すいかづらたまの揚羽の長くゐず

たかし
忍冬綴れる門を久に出ず

秋櫻子
やぶさめや山路なほ咲くすひかづら

鷹女
忍冬のこの色欲しや唇に

青畝
忍冬の神の噴井を司る

五月 立夏 初夏 牡丹 衣更 葉桜 菖蒲 鯉幟 柏餅 新茶 薄暑 葵祭り 若楓 新樹  若葉 たけのこ 芍薬 芥子の花 雛罌粟 忍冬の花 棕櫚の花 桐の花 朴の花 泰山木の花 薔薇 茨の花 卯の花 麦の秋 麦刈り 花菖蒲 あやめ 杜若 短夜 初鰹 花橘 柿の花 石榴の花 栗の花 椎の花 栴檀の花 えごの花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内