菖蒲


心ざし深きみぎはのあやめ草ちとせのさつきいつか刈るべき


ねを深みまたあらはれぬあやめ草ひとの恋路にえこそはなれね

拾遺集 よみ人しらず
さみたれはちかくなるらしよど河のあやめの草もみくさおひにけり

拾遺集 能宣
昨日まてよそに思ひしあやめ草けふわがやどのつまと見るかな

拾遺集 よみ人しらず
けふ見れば玉のうてなもなかりけりあやめの草のいほりのみして

後拾遺集 恵慶法師
香をとめてとふ人あるをあやめ草あやしく駒のすさめざりけり

後拾遺集 良暹法師
つくま江の底の深さをよそながらひけるあやめのねにてしるかな

後拾遺集 大中臣輔弘
ねやの上に根ざしとどめよあやめ草たづねてひくも同じよどのを

後拾遺集 伊勢大輔
けふもけふあやめもあやめ変らぬに宿こそありし宿とおぼえね

好忠
鷺立てる五月の澤のあやめ草よそめは人の引くかよぞ見る

金葉集 経信
よろづよにかはらぬものは五月雨の雫に薫るあやめなりけり

金葉集 藤原孝善
あやめ草引くてもたゆく長き根のいかであさかの沼に生ふらむ

金葉集 權僧正永縁母
あやめ草わが身のうきにひきかへてなべてならぬに思ひいでなむ

金葉集 高松上
長しとも知らずやねのみなかれつつ心のうちに生ふるあやめは

五月 立夏 初夏 卯月 牡丹 衣更 葉桜 菖蒲 菖蒲湯 菖蒲葺く 鯉幟 柏餅 新茶 薄暑 祭り 若楓 新樹  若葉 芍薬 芥子の花 雛罌粟 忍冬の花 棕櫚の花 桐の花 朴の花 泰山木の花 薔薇 茨の花 卯の花 麦の秋 麦刈り 花菖蒲 あやめ 杜若 短夜 花橘 柿の花 石榴の花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図