衣更 ころもがえ

後撰集 よみ人しらず
けふよりは夏の衣になりぬれど着る人さへはかはらざりけり

好忠
夏の日の菅の根よりも長きをぞ衣ぬぎかへ暮しわびぬる

重之
花の色に染めし袂の惜しければ衣かへうき今日にもある哉

源氏物語・まぼろし
夏ごろもたちかへてける今日ばかり古き思ひもすずみやはする

源氏物語・まぼろし
羽衣のうすきにかはる今日よりは空蝉の世ぞいとど悲しき

和泉式部
桜色に染めし衣をぬぎかへて山ほととぎす今日よりぞ待つ

千載集 匡房
夏衣花のたもとにぬぎかへて春の形見もとまらざりけり

千載集 基俊
けさかふる蝉の羽衣着てみればたもとに夏はたつにぞありける

俊成
春とても花のいろにも染めざりし賤の衣も更へむとやする

西行
かぎりあれば衣ばかりはぬぎかへて心は春を慕ふなりけり

式子内親王
春の色のかへうき衣脱ぎ捨てし昔にあらぬ袖ぞ露けき

定家
花の色を惜しむ心はつきもせで袖はひとへにかはりぬるかな

定家
春なつのおのがきぬぎぬぬぎかへてかさねしそでを猶をしむかな

定家
いかにせむひとへにかはる袖のうへにかさねてをしき花のわかれを

定家
ぬぎかふる蝉の羽ごろも袖ぬれて春の名残をしのび音ぞなく

定家
けふごとにひとへにかふる夏衣猶いくとせを重ねてかきむ

俊成
けふもまためづらしきかなももしきや雲の上人ころもかへして

定家
へだてつるけふたちかふる夏衣ころもまだへぬ花の名残を

定家
桜色の袖もひとへにかはるまでうつりにけりなすぐる月日は

俊成
衣こそかふともかへめ春のいろに染めし心はいつかうつらむ

良経
さを姫になれし衣をぬぎかへてこひしかるべき春の袖かな

良経
花の袖かへまくおしきけふなれや山ほとゝきすこゑは遅きに

実朝
おしみこし花の袂もぬぎかへつ人の心ぞ夏にはありける

五月 立夏 初夏 牡丹 衣更 葉桜 菖蒲 鯉幟 柏餅 新茶 薄暑 葵祭り 若楓 新樹 若葉 芍薬 芥子の花 雛罌粟 忍冬の花 棕櫚の花 桐の花 朴の花 泰山木の花 薔薇 茨の花 卯の花 麦の秋 花菖蒲 あやめ 杜若 短夜 花橘 柿の花 石榴の花 栗の花 椎の花 栴檀の花 えごの花 くちなしの花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図