和歌と俳句

飯田蛇笏

白嶽

前のページ<< >>次のページ

うなだれて曠野の風にの旅

東風の陽の吹かれゆがみて見ゆるかな

春耕の鞭に月まひ風ふけり

東風の月祷りの鐘もならざりき

鉱山町ねしづむ旅舎のおぼろかな

おぼろの夜門守る露人口笛す

冴返るキタイスカヤの甃

サポールの天にかかりて柳絮とぶ

凍解の墓前にともる永久の燭

供華売りに日影あまねく楡の東風

墓所をでて街ひと筋にうす霞む

石獣のほとりの草の萌えそむる

巣にひそむ春さきがけの鵲を見ぬ

鵲むれてかすまぬ春の大古塔

旅舎の窗遅月さしてリラの花

古都の夜は旅舎冴返り月かくる

ながしめす駱駝に旅の遅日光

駱駝ゑみ驢が小跳ねして暮れ遅き

鵲は巣に馬耕の墓べ草萌ゆる

時計舗の犬懶惰にて楡の東風

おほぎやうに牡丹嗅ぐ娘の軽羅かな

戦跡の風雨に咲きてリラ白し

三日月は砂丘にリラの花あかり

行く春の船に雨迅き萬壽山

盧溝橋遅日の駱駝うち連るる