和歌と俳句

明け易し

芝居みて泣きし顔はも明易き 万太郎

明易きおもひでばかり語りけり 万太郎

ぬけ落ちし玉のかんざし明易き 鷹女

明易く大山未だ雲の中 石鼎

明易き露台の花卉に人さめず 麦南

眉ひける飯豊の雪や明易き 石鼎

けつけけろと啼く蛙ゐて明易き 石鼎

ひと夜さをひとり寝たれば明易き 悌二郎

山霧に湯の香こもりて明け易き 

明易や戸出の溝板踏めば鳴る 石鼎

洗ひ髪ひろげ寝のかや明易き 石鼎

天を蔽うて泰山木の明易き 石鼎

明易き梟に覚め庭を掃く 茅舎

明易き瀬に口すすぎ朝餉する 秋櫻子

南にあけぼの色や明けやすき 石鼎

明易やをさのごとく蚊帳の中 石鼎

明け易きよべ裾ひきし女はも 青邨

明け易き一夜一夜の茄子漬 花蓑

明け易き波間に船の仮泊かな 蛇笏

鶏鳴に木菟なきわたり明易き 石鼎

明易き鶯聞きぬ二三日 茅舎

あかね雲西に東に明易き 石鼎

明けばやの大煙突にうす煙 石鼎

しののめの雲に陽にじみ明易き 石鼎

月の暈いつしか消えて明易き 石鼎

明け易き初発電車が通り初む 友二

旅支度とゝのへあれば明易き 占魚

温泉に沈み一寸法師明易き 茅舎

明け易く人隈ふかき目を持てる 

ふた親のなみだに死ぬ子明けやすし 蛇笏

金色の雲ばかり見え明け易き 石鼎

武蔵野は一つ家ありて明易き 石鼎

武蔵野の幾とこ灯り明易き 石鼎

ねむれねば旅のごとくに明易し 蕪城

閨よりも厠明さや明易く 石鼎

明易し馬仕立てゐる前をゆく 蕪城

あけやすき道のつまさき上りかな 万太郎

明易き欅にしるす生死かな 楸邨