瓜の花

花瓜や絃をかしたる琵琶の上 言水

瓜の花雫いかなる忘れ艸 芭蕉

夕にも朝にもつかず瓜の花 芭蕉

美濃を出てしる人まれや瓜の花 支考

夕晴の雲や黄色に瓜の花 支考

雷に小家は焼れて瓜の花 蕪村

蝶を追ふ虻の力や瓜の花 子規

雲ひくし風呂の窓より瓜の花 龍之介

夕鰺を妻が値ぎりて瓜の花 虚子

瓜すでにころがつてをり花ざかり 青邨

土蔵もて史蹟としたり瓜の花 風生

瓜咲くや一つになつて村の音 耕衣

茴香の花 紅の花 十薬 萱草の花 瓜の花 梅雨 五月雨 蝸牛 さくらんぼ  青梅 枇杷 早苗 田植え 鵜飼 葭切 翡翠 蚊帳 蚊遣 青嵐 風薫る ほととぎす 閑古鳥 夏木立 茂り 夏野 夏草 昼顔 暑さ 青簾 籐椅子 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内