和歌と俳句

芥川龍之介

もどらずよ挽木の反も短夜

うどんげの蝶となる間も明易き

ほととぎす壁にぬりこむ藻のいきれ

蚊帳の目にかがる風景も朝焼けて

水打てば御城下町のにほひかな

暁闇を弾いて蓮の白さかな

天竺に女人あまたや蓮の花

バナナ剥く夏の月夜に皮すてぬ

松風や紅提灯も秋どなり

残る夜や舟に蓮切る水明り

短夜や泰山木の花落つる

大象も花笠したる祭かな

炎天にはたと打つたる根つ木かな

青蛙おのれもペンキぬりたてか

瓦屋根にも毛氈干して御虫干

群れ渡る海豚の声や梅雨の海

黒南風の沖啼き渡る海豚かな

日は天に夏山の木々熔けんとす

炎天や切れても動く蜥蜴の尾

夕立や大銀杏ある城下口

夏山や空は小暗き嵐雲

雲ひくし風呂の窓より瓜の花

白壁や芭蕉玉巻く南京寺

白壁に芭蕉若葉や南京寺

もの言はぬ研師の業や梅雨入空