和歌と俳句

芥川龍之介

川せみの御座と見へたり捨小舟

湯上りの庭下駄軽し夏の月

凌霄や長者のあとのやれ築土

藁屋根に百合の花咲く小家かな

昼顔や甘蔗畑の汐曇り

解いて道光和尚に奉らむ

馬頭初めて見るや宍道の芥子の花

武者窓は簾下して百日紅

ひなげしや夜ごと夜ごとのあけやすき

雲遠し穂麦にまぢる芥子の花

芥子あかしうつむきて食ふシウマイ

わが指の白きを見守れば時鳥

羅帷一重燭一盞や時鳥

金を錬る竃も古りて蚊食鳥

蝙蝠に一つ火くらし羅生門

人妻となりて三とせや衣更へ

や行く方さだめぬ恋なれど

かはたるる靴の白さやほととぎす

明易き夜をまもりけり水脈光り

朝焼くる近江の空やほととぎす

麦刈りし人のつかれや昼の月

蛇女みごもる雨や合歓の花

沢蟹の吐く泡消えて明け易き

初袷なくて寂しき帰省かな

蝙蝠や灯入りの月に人ふたり