石田波郷

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

音も無きをつぶす雷の下

朝の虹ひとり仰げる新樹かな

虹たつやとりどり熟れしトマト園

翡翠や露の青空映りそむ

昼顔のほとりによべの渚あり

日覆や湯槽の潮未だ沸かず

ウインドを並び展けゐて夏めきぬ

プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ

昼顔に独りのわれは泳がなく

穂麦の野川ゆき川の水やさし

噴水のしぶけり四方に風の街

ビル街は空地の犬のひるね時

熱帯魚みなしづかなり値たかく

寝し町の涼しさ尽きず月光り

田植どき夜は月かげ田をわたり

月青し早乙女ら来て海に入り

のとぶ線落葉松限りなくあをし

落葉松に雲ゆき径を蛇ゆけり

昆虫展並樹の青のかげ来ずや

中学生わかし蛾族を花とみぬ

兜虫漆黒なり吾汗ばめる

昆虫類あまねくみたり指をみる

図譜買へば昆虫界に銭の音

汗の耳靴曳く音をきくのみなり

描きて赤きの巴里をかなしめる

画廊守うつむけりを白皙に

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 素逝
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句