和歌と俳句

阿波野青畝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

塔見えて躑躅燃えたつ山路かな

秋刀魚焼いて火逃げし灰の形かな

虫の灯に読み昂ぶりぬ耳しひ児

石に狂うて深き轍や末がるる

冬ざれや家根に煙出しのないがしろ

こまごまと抽匣もてる火桶かな

春暁や秣切る肩へ馬の息

麦ふむや畝一筋に道埃

木接ぎつつつくと思へず淋しめる

鴟尾と人小ささ何れ東風の寺

生駒より峰山高し麦刈れば

秋雨や山あきらかに京の町

緋連雀一斉に立つてもれもなし

乗りおくれし人やストーブに眉平ら

みぞるるや西空焼けに白米をよしと見る

池に立ちゐし人や枯木に逢ひ去りし

傘の輪の面白く落ちをり夜切る

餅花や閾劃然と台所

庭傾き映れる鏡青簾

餅花に朝の時計やかちかちと

今は酔ひて耳の遠さよお白酒

肘曲げし肌に動きけり

畳踏む夏足袋映る鏡かな

紅提灯揺れ揺れ氷売るるかな

牡丹や甍をめぐれる罅悲し

水を呑み呑み渉れる犬や青芒

み吉野入りの馬拵へや今年米

山裾に寺をかためて紅葉かな