末枯れ

うらがれや馬も餅くふうつの山 其角

うら枯や家をめぐりて醍醐道 蕪村

うら枯やからきめ見つる漆の樹 蕪村

末枯の土手踏み下る鶏一羽 虚子

末枯や怒涛あびしか梧桐林 水巴

うら枯や松戸でくひしうなぎめし 万太郎

桟取も筏も淋し末枯るゝ 万太郎

石に狂うて深き轍や末がるる 青畝

末枯れて草静かなる大地かな 草城

末枯の萩に風出ぬ昼さがり 草城

末枯れて叢高き水辺かな 草城

うら枯れて雲の行衞や山の墓 蛇笏

末枯や竹竿青きはねつるべ 秋櫻子

うらがれをこゝろに露の照る身かも 草城

末枯の真菰に沿へる畦もあり 立子

ひかり飛ぶものあまたゐて末枯るる 秋櫻子

末枯や怒涛あびしか梧桐林 水巴

末枯や行きつつ猫の走り出す 草田男

末枯に下ろされ立てる子供かな 草田男

末枯に鶏をはしらせ電車来ぬ 楸邨

末枯れのある日ひそかに小雨かな 石鼎

海底のごとくうつくし末枯るる 青邨

末枯の陽よりも濃くてマッチの火 林火

紫のもの紅に末枯るる 風生

末枯れの草を離れて靄はあり たかし

末枯を行くに親しき落暉あり 秋櫻子

末枯に松立ち落暉静かなり 秋櫻子

末枯れの多摩の流れは垣の上を みどり女

末枯れや大工道具を荷にからげ 汀女

末枯れに乗りて小さき吾子菩薩 楸邨

末枯れに降りつぎし雨のけふ晴れぬ 秋櫻子

末枯の原をちこちの水たまり 虚子

ふるさとに近づく心末枯るる 素十

末枯に立ちて偲べば吾も恋し 立子

末枯や御空は雲の意図に満つ 草田男

末枯や汐先橋を経て来れば 汀女

末枯や身に百千の注射痕 草城

末枯径吾妻よ胸をはり帰れ 波郷

末枯や湯にあたたむる腰の骨 林火

末枯れて朱焔の日ありルオー展 秋櫻子

末枯れて濤崩え巌に濤の声 秋櫻子

末枯や暮れて着きける簗の家 秋櫻子

末枯の瀬波や簗に声をあぐ 秋櫻子

末枯にゆめの礎あまた見し 青畝

秋の日 秋晴れ 秋の空 秋の雲 秋の山 秋風 秋の暮 秋の雨 松茸 茸狩 案山子 渡り鳥 ひよどり 鶺鴒 啄木鳥 葡萄 野菊 後の月 朝寒 夜寒 身に入む むかご 蘆の花 木の実落つ 椎の実 ざぼん 紅葉 鹿 残菊 末枯れ 柳散る 行く秋 暮の秋
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図