和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

烏飛んでそこに通草のありにけり

先帝を追慕す菊の奴かな

秋雨や石に膠す蝶の羽

木曽川のいまこそ光れ渡り鳥

大空に又わき出し小鳥かな

蔓切れて羽上りたる烏瓜

天の川のもとに天智天皇と臣虚子と

秋の灯に照らし出す仏皆観世音

此松の下に佇めばの我

葉鶏頭の葉二三枚灯にまとも

他愛もなく夜寒の話移りゆく

何の木のもとともあらず栗拾ふ

鹿を見ても恐ろしかりし昔かな

梶の葉にかへて芭蕉に星のうた

盗まれし後のふくべに野分かな

見失ひし秋の昼蚊のあおとほのか

船に乗れば陸情あり暮の秋

能すみし面の衰へ暮の秋

秋天の下に野菊の花弁欠く

遠花火ちよぼちよぼとして涼しさよ

やうやうに残る暑さもの露

いたく揺れて来る提灯やの道

埋立地早コスモスの家を見し

山のかひに砧の月を見出せし