和歌と俳句

宇治川

鬼貫
宇治川や朝霧立てふし見山

許六
宇治川をわたす二人やくらべ馬

北枝
仲綱が宇治の網代と打詠

暁台
冷し瓜宇治の堰にかゝりけり


子規
夜をこめて 網代木による 音もなし 氷りやすらん 宇治の川波

子規
宇治川やほつりほつりと春の雨

子規
宇治川の 早瀬よこぎる いけじきの 馬の立髪 浪こえにけり

子規
ものゝふの かためきびしき 宇治川の 水嵩まさりて 橋なかりけり

迢空
ともしびの見ゆるをちこち 山くれて、宇治の瀬の音は 高まりにけり

淡路女
恐ろしき宇治の早瀬や昼蛍

憲吉
宇治川に蛍の出でむ季となりその河岸に山吹散るも

憲吉
宇治川の山蔭にして菖蒲花舟に植ゑしを水に浮けたる

草城
瀬がしらのひよいひよい白し春の水

虚子
宇治川の舟行飛燕頻りなり

虚子
宇治川をわたりおほせし胡蝶かな

青畝
宇治川をばたばたわたるのあり

草城
宇治川の碧く曲れり寒の雨

虚子
もののふの八十宇治川の秋の水

虚子
宇治川のほとりの宿の夜寒かな

秋櫻子
峡の瀬か若葉か日影躍れるは

秋櫻子
峡に飛ぶ燕のせ来つ早瀬波

秋櫻子
宇治川は渦群れはしる若楓

たかし
宇治川の瀬を早みかもひた紅葉

たかし
急流の跳ねゐる玉やうす紅葉

たかし
宇治川の瀬波淵波もみぢ照る

誓子
鵜の潜く背をけだものと思ひたり