和歌と俳句

阿波野青畝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

掛物に十二ヶ月や福寿草

同じ色同じ高さに羽子の春

雪解くる漏に笛吹く天女かな

ここに又迦陵頻伽の雪解漏

樋の割れて春の玉水たわみ落ち

蜆舟弓張るごとくいそしめり

山の端に宝珠のまるき彼岸かな

かがり火の小倉百人夜半の春

懐手やめてあそぶや花篝

筋塀にあはれ従ふ遍路かな

左丹塗の春日明神花馬酔木

かかりたるの翠微のはなやかに

やはらかな芦にあやめは咲いてをり

宵の鵜の首を細めてあふち忙く

の道まことしやかに曲りたる

たたいて子規遺墨集一瞥す

ビルヂングより立ちのぼる雲の峰

作り雨金魚ちりぢりちりぢりに

虫干や明王足をはねたまふ

たなばたの紙落ち石のなまめきぬ

嫂のながき話や霊まつり

この神のもと佛なり神無月

水鳥や頭にとまる水の玉