和歌と俳句

阿波野青畝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

御帷の御裾長や初詣

一花や洞然として福寿草

いぬふぐり囁く足をあとしざり

一の字に遠目に涅槃したまへる

幹裏に花の帚の一凭れ

石楠花や雲の巻舒を目のあたり

天の原雪渓の襞そろひたる

父の齢しみじみ高き昼寝かな

昼寝あはれ咽喉の佛のものを言ふ

花見せてゆめのけしきや烏瓜

入相の茜むなしき野分かな

金堂の柱みな月明らかに

籾かゆし大和をとめは帯を解く

障子隙寒紅梅の翁さび

高き木の立並びけり神無月

里神楽秋の田の額昔より

てつちりと灯るところも又繁華

青桐は柱のごとし畳替

梨棚のところに来たり帰花