和歌と俳句

阿波野青畝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

石英のひらめくケルン灼けにけり

青富士の出没頻り雲涼し

立枯れは神慮なりけり星月夜

宵闇の三井寺下の灯は宿屋

足垂らし逃げゆく鷺や菱を採る

落石は富士薊にも夥し

箸墓の勝れたまひし野菊かな

手毬の娘寝し頃月の美しく

若死の母のかるたの世をおもふ

那智川の石ばかりにて梅多少

忍坂のそぞろに野火の暮れて消ゆ

耕や土を三州瓦とす

雨雲のひまに峯ある遍路かな

金盞花淡路一国晴れにけり

巣ごもりの母鳥ひもじからざるや

畦塗加賀白山の光りけり

白山の威をそばだてし実桑かな

円空の微笑佛にとまり

夏炉あり屏風うごかしつつ掃除

夕焼のさめつつありぬ色ケ浜

み吉野の青八重垣や閑古鳥

海髪を踏む跣なりけり星月夜

火の山は仮のかたちぞ天の川

南方にさまよふ魂を盆供養

大空のきはみと合ひし花野かな

大台の空隈もなき蜻蛉かな